【公式Blog】原田裕見子の本日もおしゃべり日記

【公式Blog】名古屋・静岡のフリーアナウンサー原田裕見子の本日もおしゃべり日記

*

ことばの重みを感じた2020年

   

「ことばの重み」について、これほど考えた年はありませんでした。

 

コロナ禍で人と会わない・会えない状況の中で、どんな言葉で、サービスや想い・心を人に届けていくのか、つながっていくのか、ビジネスでもプライベートでも多くの皆さんが真剣に考えられたことと思います。

 

リモートワークではオンライやチャットツールの活用、セミナーや商談でオンラインツールが急速に広まりました。

 

また、インスタグラムやfacebook、YouTubeでのライブ配信などなど、困難な状況の中で新しい手段にチャレンジし、だれもが手探りで進んだ一年でした。

 

どのツールを活用したときも、肝になるのは「ことば」です。

 

相手にとって、わかりやすく理解でき、納得でき、心に響き、行動に繋がることばとは、いったいどういったものなのでしょうか。

 

ことばだけが相手に届く状況の中で、わたしもいつも以上に適切な言葉や表現を探してきました。

 

人は、良いことばをかけてもらうと、それだけで元気が出て行動したくなりますよね。

 

コロナ禍ではなおさらです。ちょっとした一言がとにかく響くのです。

 

特に、あたたかいことばや励ましのことば、力強いことばの必要性を感じ、リーダーや講師の方のレッスンでは、普段だったら心の中に留めているような熱い想いを今こそどんどん語るようにしてくださいと半ばお願いのような形で伝えました。

 

実際に、「こういう時だからこそ、今、自分がどんな想いでこの事業に取り組んでいるかを皆に知って欲しい」と、今までより一歩踏み込んだ熱いスピーチに取り組むリーダーもいらっしゃいました。(この方のキーワードは、「コロナだからとあきらめたくない」で、見事、取り組んでいた案件を成功させました。)

 

「今から発することばが相手の心にどんな風に届くだろう」と想像しながら喋るとき、人はもっとわかりやすく、相手の懐にしっかり飛び込むようなことばを選んでいけるのではないかと感じる今日この頃です。

 

ことばは大きくわけると、「説明」と「想い」。

 

説明もさることながら、「想い」を大切に、ことば選びをしてきた一年でした。

 

ひとに寄り添う言葉とともに、年末まで進んでいきたいと思います。

 

DSC0068_ppブログ

 

 

 

 

 

 

 - コラム「話すこと・聴くこと」, つぶやき, 心にちょっと効くコトバ

  関連記事

DSC_1100
ブラッシュアップ・デイ

  先日、講師のスキルアップのため、実際に某社で行われている社員研修を …

DSC_6421
立春大吉

  払える邪気はすべて払って(笑)、暦の上では春を迎えましたね。 &n …

DSC_7493
たくさんのゴール

    名古屋は、昨晩から雨が降り、いよいよ梅雨入りでしょう …

beautyplus_20170103204704_save
おみくじは

  今年のおみくじは、「大吉」でした!   大吉、、ちょっと …

DSC0063_ppブログサイズ
ちょうどいい一日

今日の名古屋は、気温と湿度のバランスがちょうど理想的。(正午現在気温24度湿度4 …

FD791D37-F82F-41CC-B60A-BECC4AB803A7
師匠?と岐阜・更科へ

用事があって岐阜まで車で一走り。   お昼はラッキーなことにタイミング …

BeautyPlus_20180514054341_save
静岡のお父さん

  先週は、静岡朝日テレビ「とびっきり!しずおか」の人気キャスター大沼 …

ブログサイズ
後輩たちに向けて

    年明け早々に、静岡県立大学でキャリア支援講演会(学内 …

BeautyPlus_20181226165705_save
満員電車の悩み

【募集中です】http://haradayumiko.com/wp/work/p …

DSC02609_R
スピーチ・プレゼンで失敗しない!緊張コントロール法②

年度替わりに増えるご質問。   緊張のコントロール方法についてお伝えす …