【公式Blog】原田裕見子の本日もおしゃべり日記

【公式Blog】名古屋・静岡のフリーアナウンサー原田裕見子の本日もおしゃべり日記

*

浜松・元城町東照宮へお参りへ

      2022/01/06

20269F5D-E25A-422C-A1D6-ADD7E9C782B9

 

浜松に帰省した際、せっかく年が新しくなったところなので、浜松のパワースポットと言われている元城町の東照宮にお参りに行ってきました。

 

この地には、かつて浜松城の前身・引間城の本丸がありました。

 

そして、戦国時代、後に天下人となる「あの二人」が訪れています。

 

一人は、豊臣秀吉。

 

尾張の農村を出た少年時代の秀吉(当時16歳)が、今川家臣の居城であった引間城を訪れ、頭陀寺の松下氏に仕えるきっかけを得たとされています。

 

もう一人は、徳川家康。

 

今川家から独立した家康(当時29歳)は遠江を平定し、この城に住み、浜松という地名も定めたそうです。

 

誰もが知っている二人の天下人が戦国武将として一歩を踏み出した地、ということで、「出世の街 浜松」を象徴するスポットとして注目を浴びるようになったのですね。(磯田道史先生が監修された敷地内にある看板を参考にさせていただいています)

 

境内には数年前、訪れたときにはなかった二人のブロンズ像がありました。

 

F235FEB4-D7E1-4A35-9663-295D9AD05C7D

 

当時、城を訪れた秀吉少年は皆の前で猿真似をして城主の家族を笑わせたという逸話があるそうで、秀吉像は猿の物まねをしているおちゃらけた姿。

 

家康は、武田信玄との三方ヶ原の戦いに向かう姿で、後にしかみ像を作らせたことで知られる負け戦でしたから、とても険しい顔。

 

この真ん中で「一体、どんなポーズを・・・」と思いましたが、二人のように大きく羽ばたけるようにとりあえず腕を組んで「どや~!(笑)」って笑ってみました。

 

8A1FE1ED-5CCD-4F7A-858B-9086DCB9E0DD

 

 

この二人が歴史のスポットライトの只中に躍り出る前に浜松にいた、という史実。

 

個人的にとってもスキです。

 

「やらまいか精神」に通じるところなのでしょうが、浜松で育った自分の中に、いつまでもどこまでも前と上を向いてトライし続けていくスピリッツがあるのだと根拠なき自信(笑)と力を感じさせてくれます。

 

ですから、「あやかりたい」というよりは、なんとなく自分の内にある情熱を再確認して自らを鼓舞する気もちでお参りをしてきました。

 

ふふふ、今年は、良い年になりそうな予感です。

 

2CC5750A-2901-4413-AE31-13CB9677B74E

 

 

 

 - おでかけ, 春夏秋冬, 趣味

  関連記事

DSC_8576
朝日テレビに行って来ました

先週末、静岡朝日テレビのOB・OGが集う社友会があり、局にお邪魔しました。 &n …

EC1A504B-A585-4376-8107-3288819729CB
気づきますか(笑)?

微妙に髪を切りました。ちなみに周囲の誰一人気づいていません(笑)   …

20160203_144018
立春にはこのピンク

    立春ですね。スイートピーを飾りました。   …

DSC_0221
明日は静岡です

    こちら、昨日の夕方。   桜が一番良いとき …

2D01752F-97D3-446F-9729-5633BE02E6E4
名古屋の冬にはコレがある

先日、珍しく静岡にも雪が積もった日。   午前に静岡県の磐田市に出向く …

2AC510B9-FA54-45D7-B4F9-BD2438286AC5
夏から秋へ

      このところ、空を見上げると雲がとても「 …

東山211212②
名古屋で一番癒しの場所~東山一万歩コース

日曜の朝、少し早起きをして家事を手早く済ませ、東山一万歩コースを歩いてきました。 …

photogrid_1479023959938
みかんの木のオーナー

  コープあいちの企画で(普段、時短のため個人宅配を利用しています)、 …

DSC_8363
嵐のつめあと

    台風24号の雨風、凄かったですね。   皆 …

20151219_184706
師走らしく

    師走らしくなってきました。   慌てない慌 …