【公式Blog】原田裕見子の本日もおしゃべり日記

【公式Blog】名古屋・静岡のフリーアナウンサー原田裕見子の本日もおしゃべり日記

*

雨の日の接遇 挨拶+α

   

名古屋は雨の朝となりました。

 

接客に携わる皆さんは、傘立てを用意したり、傘を包むビニール袋を用意して、開店に備える方も多いでしょう。

 

雨の日に特に気にかけたいのが、お客様の傘や荷物です。

 

お店に入ってこられた時の「いらっっしゃいませ」に加えて、傘の置き場所や扱いに迷われる様子が見えたら、瞬時に、「よろしければ、傘置き場はこちらにございます」であったり、「こちらのビニール袋をご利用になりますか?」であったり、迎える側から声掛けができると良いですね。

 

自分がお客様の立場になって考えてみると、よくわかります。

 

「雨の外出、ベタベタして憂鬱だなぁ」と思いながら、お店や施設など目的地にようやくたどり着いて、「やれやれ」な瞬間です。

 

爽やかな挨拶とともに、「自分を気に掛ける言葉」をかけてもらえたら、「やれやれ」といった気持ちが、気持ちよく迎えてもらえた「ほっ」とした安堵感につながりますよね。

 

さらに、雨の日は、濡れてしまったカバンなどの置き場所にも案外迷うもの。

 

荷物置き場がわかりやすい場所に設置されていたとしても、「濡れたものをここに置いて良いのかな」と迷うお客さまもいらっしゃいます。

 

あえて、お客様をお迎えする側から、「雨でお荷物、大変でしたね。よろしければこちらにどうぞ。」の一言があると、お客様としては気兼ねなく置くことができますし、お客様が荷物を置いている間に、「この雨では大変でしたね」「雨の中有難うございます」といった会話をはさみながら、ご用件をうかがう会話に自然とつなげていくことができます。

 

受付やカウンターなどでお客様を待つのではなく、言葉がけと笑顔でお客様を玄関先までお迎えにいくイメージでとらえるとわかりやすいでしょうか。

 

「お客様を大事にする気持ち」をこうして「形」にして見せていくことで、目には見えない気持ちもしっかりと伝わります。

 

雨の日はお客様の数が減るというデメリットもありますが、お客様といつもよりたくさん会話を交わしつながりを深くするチャンスと思うと、工夫できることはたくさんあります。

 

自分がちょっと大変な時にかけてもらう気遣いや優しい言葉は、ことさら身に染みるものです。

 

DSC_0270

 

接遇研修でお伝えしている「挨拶+α」、雨の日はこの一言です。

 

【接遇研修のお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ】

http://haradayumiko.com/contact/

 

 

 

 

 

 

 

 

 - コラム「話すこと・聴くこと」

  関連記事

B5A6C76E-2FA9-4A16-A308-7C50161D3A9D
オンライン時代に求められるスピーチ力

  きょうは、オンライン・グループレッスンでした。   愛知 …

DSC_1484
どうしたらいいの?自己紹介②

  「初めまして!」のお相手に自分をよくわかっていただくために、とても …

BeautyPlus_20180516164924_save
得する表情 損する表情

  私は仕事柄、人とお話をするときに相手の表情をよ~く見ます。 &nb …

DSC0068_ppブログ
ことばの重みを感じた2020年

「ことばの重み」について、これほど考えた年はありませんでした。   コ …

DSC0079ブログ
想いの伝え方

とあるインタビューを受けまして、録音したものを文字に起こした原稿を見て、愕然とし …

DSC02350_R
お客様のメールから

パーソナルレッスンを受けてくださっているお客様から、近況報告を兼ねたメールをいた …

DSC_8478
ギャップをいかす自己紹介

  巷は、ハロウィンで盛り上がっておりますね。   週末、母 …

DSC02609_R
スピーチ・プレゼンで失敗しない!緊張コントロール法②

年度替わりに増えるご質問。   緊張のコントロール方法についてお伝えす …

BE4684E2-B2AA-42C5-8904-75854A88F73F
スピーチ・プレゼンで失敗しない!緊張コントロール法①

私が普段、とてもよく聞かれる質問の一つが、「どうしたら緊張しなくなりますか?」で …

wpid-beautyplus_20151028094022_fast.jpg
感じの良い表情

話し方の講座や研修では、表情についてもお伝えしています。 話すことは、対面コミュ …