【公式Blog】原田裕見子の本日もおしゃべり日記

【公式Blog】名古屋・静岡のフリーアナウンサー原田裕見子の本日もおしゃべり日記

*

スピーチ・プレゼンで失敗しない!緊張コントロール法①

      2020/03/16

私が普段、とてもよく聞かれる質問の一つが、「どうしたら緊張しなくなりますか?」です。

 

先日も、とあるプレゼン研修の準備で、受講予定の皆さんにヒヤリングをしたところ、多くの方が「緊張しない方法を知りたい」とのこと。

 

 

DSC02130_R

 

 

緊張は、準備したことのすべてを吹き飛ぶ破壊力があるので、こればかりは困りものですよね。

 

私自身、汗と心臓のドキドキで何をどうして良いかわからなくなる、頭が真っ白になる、何を言っていたのか、これから何を話すべきかわからなくなる、など、新人の頃は本当に苦労しました。「この仕事が向いていないのかも」と悩んだのも、すぐ緊張する性分ゆえだったように思います。

 

今は、コントロール法がわかっているので、自分の中で調整できますが、どうしていいかわからなかった時はとても辛かったので、皆様のお悩みは手に取るようにわかります。ですから、研修でもリクエストをいただいた際には、なるべく時間を割いて「コントロール法」をお伝えしています。

 

ブログのコラム「話すこと・聴くこと」を読んでくださる読者の皆様も少なからずここでお悩みかと思われますので、今日はポイントを一つ。

 

まず、心をコントロールするにあたって、「緊張はして当たり前」、「緊張は決して悪いことではない」という認識を持つことです。

 

多くの方が、「緊張は敵。悪いもの。」と思っていらっしゃいますが、緊張がゼロだったらそれはそれでしまらない話し方になってしまったり、いわゆるうっかりミスやポカが発生する大きな原因になるのです。経験者は語ります(笑)。

 

「気が抜ける」とはよく言ったもので、ある程度の緊張は、「気が入った状態」です。

 

気が入るので集中力が高まって、準備した原稿やスライド、段取り、聴衆のリアクションなどなど隅々にまで意識や視線が行き届き、頭が冴え、準備を最大限に活かせる状態となります。

 

しゃべりは、スポーツと似ていて、テクニックとマインドが車の両輪のようなものです。

 

テクニックと同じぐらい、マインドをどのように整えるかがとても大切です。

 

「緊張するな、するな」と思えば思うほど、気持ちが良くない方に高ぶることがほとんどなので、まずは「緊張してもいいや」、「お、やっぱりきょうも自分は緊張しているな」、「でも緊張したり気が張るということは、それだけこのプレゼンを頑張りたいと自分は思っているのだな」と自らの状態を客観的に感じてみてください。(私は自分の斜め上あたりから観察する意識でいます。)

 

緊張は自分の体が頑張ろうと反応している証拠です。

 

だったら、この高ぶりを「伝えたい」という情熱に変えて、「一生懸命、準備した内容を伝えること」に集中してみてはいかがでしょうか?

 

プレゼンのよいところは、「伝える」「聴く」という生身の人間同士の中でのコミュニケーション。

 

その「空気感」=「一生懸命伝えようとしている態度、気持ち」は、必ず相手に伝わります。心に響いていきます。これはテクニックの次元ではありません。心=ハートの領域です。

 

「緊張」を、「一生懸命伝えるパワーの源」ととらえられるようになったら、自然と今までより熱いプレゼンになり、結果、緊張していることもプレゼン中に忘れてしまうことでしょう。

 

心の置き方もテクニックの一つといえば、一つ。

 

質問を聞いていて、「緊張は悪いもの」と思っていらっしゃる方がとても多いように感じられるので書いてみました。

 

実は、この切り替えができるようになっただけで、目からウロコで気が楽になって、「嫌いなプレゼンが、今はなんともなくなりました!」という嬉しい報告を受けたことも一度や二度ではありません。

 

緊張しそうになったら、ぜひこのブログ記事を思い出して、開き直った気持ちで、「ようこそ緊張!今日も私の味方になってよ!」と歓迎してあげてくださいね。(②へ続く)

 

【プレゼン研修は、少人数、部署単位から開催できます。お問い合わせは、お気軽にどうぞ】

http://haradayumiko.com/contact/

 

 

BE4684E2-B2AA-42C5-8904-75854A88F73F

 

 

 

 

 - コラム「話すこと・聴くこと」

  関連記事

951B8E2D-24CA-4FE2-BBB2-C27C95788EFA
マスク着用時、声の出し方に気配りを

新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防のため、少し前から店頭販売に携わる方がマス …

2E2CFBC6-6A31-489D-A533-1270FB02A1FB
朝ドラ上司に学ぶ「話を聞いてもらうコツ」

今回のNHK朝のドラマ「おかえりモネ」は、主人公の職業が「気象予報士」ということ …

DSC03351_R
気持ちが伝わる励ましの言葉

  弥生三月、卒業シーズンの季節を迎えました。   進学や就 …

DSC02036_R
すぐにできる滑舌ウォーミングアップ法

「今日は大事なプレゼンがある」、「朝礼スピーチの担当だ」など、ここぞの時、滑舌良 …

コーヒーブレイク
滑舌、悪くなっていませんか?

先日、立て続けに滑舌のレッスンをしたところ、思っている以上に口の周りも気分も軽や …

C744A89C-352E-433B-AAE5-B2B78F7D1E3F
「伝える」ことで切り開く

オンラインでとある交流会に参加させていただき、40名に及ぶビジネスマンの40秒一 …

DSC0261チラシ
新年度、挨拶と笑顔は自分から

  新年度のペースはつかめてきましたか?   新しい環境に身 …

dsc_2912
緊張した時ほど

  保育園の参観日に、年長さんが保護者に劇を披露してくれることになり、 …

EE24C2EC-0F57-4111-AC6E-216B33989495
伝えたいなら抑えて控えて

レッスンや講座では、「相手に伝わって欲しいと思うならば、もっと言いたい!をググっ …

DSC_7465
声は人の印象そのものです

    先日、お久しぶりに電話でお話をした女性経営者の方。 &nbsp …